50万人が絶賛!自分で体の痛みやコリを取る方法!

自分で体の痛みやコリを解消したり、様々な機能改善効果を実感できるエクササイズ、KaQiLa~カキラ~を伝えるブログ。

海外でもカキラ。ここが大事、日常の活動が楽になる、運動がスムーズに行える。そのために必要な、体の部位とは?

こんばんは、Tamakiです。

私の暮らすドイツ(ベルリン)は、外出制限が出されて二週間以上が経ちます。

スーパーのレジの前では間隔をとって並び、店内に入る人数も制限されます。公園での

休憩も他人との間隔をあけて、ポツポツと座ります。皆、不要な外出を控えています。

でも、こんな時期だからこそ、人々は、より健康に気をつけているようです。他人と接

触しないように散歩や、ジョギング、サイクリングをする人々を多く見かけます。

 

f:id:rokkotsu113:20200408234404j:plain

 

 

前回の私の記事では、

○運動不足解消には、運動だけではなく、生活活動の質や量をあげることも大切

○そのためには、胸椎(胸辺りの背骨)の動きが柔軟であることが大切

と書きました。

 

rokkotsu113.hatenablog.com

 

 

今日は、日常生活や運動で、体の動きをよくするための要となる、胸椎の特徴について

ご紹介します。

普段あまり、注目することのない胸椎ですが、その胸椎の特徴を知ることで、日々の動

きを阻害する、つっぱり感、だるさ、痛みの解消のヒントが得られます。

 

 

 

胸椎の3つの特徴

胸椎の特徴は色々ありますが、今日は、その中から3つをご紹介します。

 胸椎は、首と腰につながる背骨

下記の図を見ると、体の真ん中には、どーんと芯棒のような「背骨(脊柱)」があります。

 

f:id:rokkotsu113:20200401184440j:plain

背骨は、

①体を支える

②体を動かす

③神経を保護する

役割を持っています。

 

「胸椎(胸の背骨)」は、その背骨の一部なので、同様の役割を担います。

 

上記の図で、「胸椎」は、紫色〜エメラルドグリーン色で塗られ、横にトゲトゲとした

骨(肋骨)が描かれているところです。

 

そして、「胸椎」の上にあるのが「頚椎(首の背骨)」、下につながるのが「腰椎(腰

の背骨)」です。

 

f:id:rokkotsu113:20200228142306j:plain

 

背骨は、一本の棒ではなく、「椎骨」と呼ばれる、小さな骨の集まりです。

数珠のように連なっています。

 

f:id:rokkotsu113:20200408171612p:plain

 

背骨は、椎骨が数珠のように連なっているので、一つでも椎骨を動かせば、連動するよ

うに、隣接する椎骨を介して動きが伝わって行きます。

そう、波の動きが伝わるように。

f:id:rokkotsu113:20200408191533j:plain

 胸椎を動かした時に、動きが連動していくのは、どこ?

隣接したところだから・・・

頚椎(首の背骨)と腰椎(腰の背骨)です。

 

つまり、胸椎の特徴一つ目は、胸椎の動きは、隣接する首や腰の動きに影響を及ぼすです。

 

胸椎は多数の関節面を持つ

先ほどは、背骨の一部である胸椎を見ていきました。

今度は、胸椎自体をじっくり見てみましょう。

 

f:id:rokkotsu113:20200323200822j:plain

背骨の中程にある胸椎は、「肋骨」*1と繋がっています。

なんだか、がっちりとしていて、動きにくいイメージがします。

 

f:id:rokkotsu113:20200408193459j:plain

  

私も、胸椎の特徴を知るまでは、「こんなところ、そんなに動かないでしょう」と

思っていました。

でも、すっごぉく多様に動くのです。もちろん、ちっちゃーな動きです。

 

胸椎の横側をみると、それぞれに肋骨がついています。

 

f:id:rokkotsu113:20200311014702j:plain

胸椎には、12個の椎骨(数珠玉)がありますが、その左右それぞれに、肋骨が一本ずつ付いています。

頚椎(首の背骨)や腰椎(腰の背骨)には、肋骨が付いていません。

胸椎だけに付いているんですね。

付着部分は、関節になっています。つまり、動きます。

胸椎には、肋骨がついているため、頚椎や腰椎に比べて、たくさんの関節面があり、それだけ、動く箇所が多いのです。

 

数珠玉のような椎骨の数は、頚椎が7個、腰椎が5個ですが、胸椎は12個もあります。

胸椎は、他に比べて、椎骨の数が多いですね。

この椎骨同士も、関節で繋がっています。つまり、ここも動きます。

 

がっちりとして動きにくそうなイメージだった胸椎ですが、動く箇所がたくさんありそうです。

 

f:id:rokkotsu113:20200408214448j:plain

 

一体どれぐらいの箇所が動くのでしょう?

関節面の数を数えると、なんと、100以上。

つまり、100以上も動く箇所があるということです。

 

動きにくいイメージだった胸椎ですが、じっくりみると、動く箇所がたくさんありました。

胸椎の特徴二つ目は、胸椎には、動く箇所がたくさんあるです。

 

胸椎の可動域の悪さが痛みの要因

胸椎は、色々な動きが可能です。

前後に曲がったり(屈曲ー伸展)、横に曲がったり(側屈)、左右に捻ったり(回旋)。

それだけではなく、前に曲がりながら捻れたり、横に曲がりながら捻れたりと、動きを組み合わせて動くことも可能です。

胸椎は、背骨の中で一番、多様な動きのできる箇所なのです。

もし、この多様な動きをする胸椎の動きが悪くなったら、どうなるでしょうか。

 

f:id:rokkotsu113:20200408215151j:plain

 

背骨は椎骨が数珠つなぎになっていました。

動きは連動し、波の様に伝わって、隣接する椎骨に影響を及ぼすのでした。

胸椎の場合は、上にある頚椎と下にある腰椎に影響を及ぼします。

 

連動してくるはずの動きが不十分。でも、目的とした動作はしたい。

そうすると、他が頑張らなくてはなりません。お隣さんが頑張ります。

 

胸椎の動きが悪くて頑張る背骨は、隣接する頚椎や腰椎です。

頑張って動いたところが、どうなるか・・・。痛みが出ます。

首や肩が痛い、腰が痛い。

 

f:id:rokkotsu113:20200316175417j:plain

 

イメージしやすいように、例を出して考えてみます。

歩行を例にとりましょう。

歩行時に胸椎は、動きます。

歩く動作にも、色々ありますね。大きく二つに分けます。

 

A. 日常であまりない歩行動作(何も持たずに、歩く)

B. 日常でよくある歩行動作

 (ベビーカーを押したり、ショッピングバックを引いたり、荷物を担いだり、鞄をか  けたり、子どもの手を繋いだり、ポケットに手を入れて歩く)

 

Bの状態の胸椎の動きは、Aの状態の胸椎の動きよりも、制限や負荷が掛かります。

つまり、胸椎が動きにくい状態です。

長時間この状態を続けたり、電車に乗り遅れそうだと焦って大股で歩くと、胸椎の動きづらさをカバーするように、他の部分が頑張ります。

背骨で言えば、頚椎(首の背骨)や、腰椎(腰の背骨)です。

頑張りすぎたところには、痛みが出ます。

 

ここでは、歩行を例にとりましたが、日常の様々な動作、運動でも、これと同じように、胸椎の可動域が制限されているために、隣接する首や肩、腰に痛みが出ていることがあるかもしれません。

 

胸椎の三つ目の特徴は、胸椎の可動域の制限が、隣接する頚椎や腰椎の過剰な動きを、引き起こし、痛みの原因と成り得るです。

 

 まとめ

胸椎は、背骨の一部で、隣接するのは、首(頚椎)と腰(腰椎)でした。

そして、数珠のようにつながている背骨は、隣接する骨に影響を及ぼすため、胸椎の動きは、首や腰に影響を及ぼすのでした。

胸椎は、肋骨と関節を形成していたり、椎骨の数もたくさんあるため、関節面が多く、動く箇所が多く、多様な動きも可能でした。

そして、本来は多様に動くべき胸椎の可動性の制限が、隣接する首や腰に無理を生じさせ、痛みの原因と成り得るのでした。

 

胸椎がよく動いてくれると、首や腰への負担が少なく、日常動作や運動で体が動きやすくなりそうです。

また、腰痛や肩こり、首こりといった痛みの原因は、もしかしたら、胸椎の可動性が悪いせいかもしれません。

 

胸椎の動きが良くなるエクササイズ

実際の日常生活では、何も持たずに歩くことが稀なように、胸椎の動きに制限をかけずに動くことは、ほぼありませんね。

下記の記事でも紹介していますが、体の歪を生む生活習慣もあります。

 

rokkotsu113.hatenablog.com

胸椎に何らかの制限がかかった状態で、動きを行っているのが、私達の日常の生活です。

制限がかかった状態を長く続けないようにしたり、子どものようにぐっすり眠って体をリセットできればいいですね。

でも、大人は、なかなか、そうは行きません。

動きの悪くなった胸椎をリセットする方法があればいいのですが・・・、

100以上もの小さな関節面を持つ胸椎を、リセットするのは、難しそうです。

 

でも、それを可能にしたのが、肋骨エクササイズKaQiLa〜カキラ〜

 

KaQiLa Method カキラメソッド|ろっ骨エクササイズで身体機能改善・運動機能改善!

 

本当に、胸椎の動きがよくなり、体を動かすことが楽になります。

体験された方は、体が楽に動くのを実感され、「この状態を永久保存した〜い!」とおっしゃいます。

ぜひ、この心地よさを、あなたも、体験してみてください。

 

受講したい|KaQiLa Method カキラメソッド|ろっ骨エクササイズで身体機能改善・運動機能改善!

 

今は、新型コロナウィルス感染の拡大防止のため、レッスンがお休みになっている所が多いと思います。

胸椎の動きを良くするエクササイズ KaQILa〜カキラ〜を、ご自宅で、行って頂ける方法もあります。

こちらの本を参考にしてくださいね。

f:id:rokkotsu113:20200408042256j:plain

 

外出が制限されている日々ですが、胸椎の動きをよくして、せっせと日常生活でも動き、他人との接触を避けつつ戸外の空気も吸いに出掛け、健康を維持しましょう。

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

読者登録をお願い致します!

ランキングに参加しております。

応援よろしくお願いいたします!


健康と医療ランキングにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

*1:肋骨(ろっこつ)は、胸部内臓を覆う骨である。

あばら骨とも言い、脊椎から内臓を取り囲む形で付いている。